NEWS

Desktop View

『山のバッキャロー‼︎』全公演終了いたしました

                 2018.9.10up!

『山バカ』お客様へのご案内を更新しました。

                   2018.8.21up!

『山のバッキャロー‼︎』チケット発売開始!

                  2018.7.14up!

『山のバッキャロー‼︎』全公演終了致しました。

ご来場ありがとうございました!
次回後編は2019年1月末頃を予定しております。

Askプロデュースvol,21

~バッキャローシリーズ 第5弾~

<世界遺産シリーズ>

「山のバッキャロー‼︎」

~富岡製糸場~ <前編>

2018年9月5日(水)~9月10日(月)全9st予定

シアターグリーンBIG TREE THEATER

 

・・・47都道府県を題材に演劇を創る・・・

そんな言葉からスタートした「バッキャローシリーズ」。

2012年にスタートした『SEASON 1』では長野県、新潟県、

愛媛県を舞台とし、沢山のお客さまに観劇を頂き、

演劇関係者からも多くのご支持を頂きました。

2017年3月からは『SEASON2』世界遺産シリーズとして

第1幕・第1章~端島・軍艦島編~

「凪のバッキャロー!!」が開幕、7月に第2章「潮のバッキャロー!!」、12月にはシリーズ12本目となる

第3章「月のバッキャロー!!」端島・軍艦島編最終章を

上演し、「バッキャローシリーズ」が月日をかけ

演劇界に定着してきました。

どんな時代も「人は一人では生きられない、

誰かが居るから自分が居る・・・・」

人間模様を得意とする企画:古河 聰、

脚本・演出:菅野臣太朗のコラボに是非ご期待ください!

6年目を迎えた「バッキャローシリーズ」次なる世界遺産は

「富岡製糸場」!!

【脚本:演出】菅野臣太朗

【音楽】野田浩平

【企画】古河 聰

【製作】株式会社 Ask

 

 【物語】

昭和35年。

東宮薫は、群馬県富岡市へ向かっていた。

行き先は富岡製糸場。

明治政府が日本の近代化のために設立した模範器械製糸場。

創設期、繭から生糸を取る繰糸所では、全国から集まった工女たちが働き、本格的な器械製糸と高品質に重点を置いた生糸は海外で高く評価されていた。

薫の足取りは重かった。

1人で生きていく事を余儀なくされ、知人の紹介で薦められた工場勤め。

過酷な労働だけが要求されると思っていた。この先の人生に一片の光も無いと思っていた。

しかし、製糸場に着いた薫が目にしたのは、想像とは全く違った景色だった。

それは仕事だけでなく、そこには人の暮らしが芽吹いた生活空間があった。

そして薫は、1人の女性と運命的な出逢いをする。

彼女の名は黛光江。光江との出逢いにより、薫は女として、日本人としての喜びを知っていく。

 

なかなか描かれた事の無い、知られざる昭和の富岡製糸場の物語。

繭から取れる糸だけではなく、そこには目に見えない糸が人と人を繋いでいた。

【出演者】

楠 世蓮

藤本かえで

高宗歩未

瀬川ももえ

五東由衣

芦原優愛

佐藤詩子

美波利奈

安里 唯

川田友紀

 

太田彩乃

中原三千代

 

倉本 発

新宮乙矢

吉田晃太郎

川名浩介

馬庭良介

 

神木 優

高橋 光

 

伊阪達也

【タイムテーブル】

9月5日 (水) 19:00

9月6日 (木) 14:00/19:00

9月7日 (金) 19:00

9月8日 (土) 13:00/18:00

9月9日 (日)   13:00/18:00

9月10日(月)  14:00

※開場は開演の30分前になります。

 

【劇場】

シアターグリーンBIG TREE THEATER

〒171-0022東京都豊島区南池袋2-20-4

TEL 03-3983-0644

 

 info@askcoltd.com